旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

「水分」じゃなくて「水」ですか?

健康・美容

「水分」じゃなくて「水」ですか?
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

▼厚生労働省では▼

厚生労働省では…
体の中の水分が不足すると、熱中症(ねっちゅうしょう)、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)など、さまざまな健康障害(しょうがい)のリスク要因となります。
健康のため、こまめに水を飲みましょう。
…と運動の方針としているようです。

体の中の水分なんだけど、
「水分」をとりましょう。
ではなく
「水」を飲みましょう。
となっています。
なぜ「水」と言いきってるのでしょうか?

その前に体の水分収支は下のようになっています。

▼救急車出動!▼

どうやら体の水分の5%が失われると救急車を呼ばなくてはならないようでうす。
5%というといかほどの水分になるのでしょう?

成人男性を例にとると体重の60%が水分となります。

60kg × 60% = 36kg(36ℓ)
36ℓ × 5% = 1.8ℓ

体の水分が 1.8ℓ 失われると救急車が来ることになります。
さらに 1.8ℓ 失われると痙攣がおこり
さらに 3.6ℓ 失われると死に至るそうです。

まぁ、少々のことでは大丈夫とも言えますが…。

▼「水分」と「水」▼

んじゃ、どんな水分を補給したらいいのでしょう。
厚生労働省では「水」と言ってます。
「水分」ではなく「水」です。
皆さんだったらどうでしょうか?

体内吸収の速いスポーツ飲料や経口補水飲料、飲んでおいしい清涼飲料水ってとこでしょうか。

ちょっと待ってください。
各メーカーからいろいろな種類の飲み物が発売されてますが、そのほとんどが砂糖などの甘味料がけっこうな量で入ってます。

▼アリの身体じゃあるまいし▼

単純に1日の体への水分の出入りが 2.5ℓ だとすると ペットボトル 500㎖ で5本ですから

50g × 5 = 250g
となります。

人類史上これまで、こんなに糖分を摂取した時代はあったでしょうか?
アリの身体じゃあるまいし対処できるはずありませよね。

厚生労働省はココんとこを言わんとしていると思います。
生活習慣病など、今日の医療費はぐんぐん上昇し保険料も対応しなければなりません。
財政に大きく影響します。
ただ、このことをストレートにアピールしたのでは…大人の事情があります。

▼利尿作用の功罪▼

それなら砂糖の入ってないお茶やブラックコーヒーはどうでしょうか?
これらはビールと同じように利尿作用があると言います。

利尿作用…身体から尿として身体の中の毒素を排出する行為。健康のためにはかかせません。利尿作用のある食べ物を積極的に摂って、デトックスを心掛けましょう。

と聞こえはいいのですが、水分は身体に入れた以上に出るそうです。
私も勘違いしてました。

…ので、やっぱり水分を補給しなければなりません。
ここで清涼飲料水では元の木阿弥。

▼水を飲も!▼

[1] こまめに水を飲む習慣の定着
[2] 「運動中には水を飲まない」などの誤った常識をなくし、正しい健康情報を普及する
[3] 水道など身近にある水の大切さの再認識
により、子どもから高齢者までの広く国民一般の健康増進、疾病・事故予防に寄与する活動を行っています。

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!